トイレの水トラブル

トイレ水回りのトラブルの代表として、一番つまりやすいのはトイレです。トイレは常に物を流しているので、どうしてもつまりやすいです。一番の原因はトイレットペーパー。トイレットペーパーは水に溶けやすいのですが、大量に流すと水に溶けにくくなり、つまります。そのため、あふれ出たりする原因になります。

とくに大の方になると、多くのトイレットペーパーが必要になり、一度にたくさん流してしまいます。そうすると、ラバーカップでないと、水のつまりは解消できません。またラバーカップでも解消できないほどのつまりに発展することもあるのです。

ティッシュペーパーは同じ紙ですが、水に溶けにくい紙です。水分を吸うとよけいに膨張するのでティッシュは流さないようにします。つまった場合は同じくラバーカップで取ることができます。他にはトイレ掃除類はすべて「水に流せる」と書いてあっても、大量に流さない、または流さないようにしましょう。掃除シート、トイレブラシ等、今は使い捨てのものが多いので、できれば流さずごみ箱行きがよいでしょう。

最後に、節水も水のつまりになります。水の量が減ると、その分異物が流れにくくなります。大をしたのに小でながす、タンクに節水用の重石を入れるなどすると、流れにくくなり少しの量でもつまります。こういったこともトイレトラブルのもとになるのです。このようにならないために、トイレつまりの予防方法について掲載しているサイトがあります。参考にして、できるだけつまらないような対策や知識をつけておきましょう。

水回りのトラブル

キッチンでの排水溝のトラブルがつまりと異臭が主なものです。排水溝には食べかすや油などが流され、排水管にたまってきます。それがごみのつまりを起こして、S字に曲がっているところに「つまり」、水が流れなくなります。そこから逆流を起こして、キッチンにあふれるというトラブルもあります。そこにつまりが発生することで「異臭」もします。とにかくまめに掃除をすることが一番です。そして食べ物は流さないようになるべく気を付けること。異臭がし始めたら、掃除してもこびりついているのは取れませんので、排水管の液体を流すようにして溶かしていくことで、排水管が流れます。

原因お風呂の水の「つまり」は、同じく排水溝。主に原因は髪の毛です。髪の毛の掃除をするとすぐに流れるようになります。髪の毛は意外に、奥まで流れていくことがあり、そこからつまりが発生します。シャンプーやリンス、石鹸なども流れるので、その油がこびりつき、つまりの原因にもなります。解消は掃除が一番ですが、同じく掃除用液体を使うと、つまりがなくなります。

洗面所も同じことが原因で考えられます。石鹸や歯磨きなどで排水に汚れがたまり、それがつまりの原因になっています。同じ対処法で解消することができます。

トイレのつまり・水回りトラブルの対処法

水回りのトラブルには、台所、洗面所、トイレ、お風呂があります。水がつまる、流れない、排水管が破損する、水漏れする、異臭がする、水道管から水が出ないなどがあります。台所も洗面所はつまることがあまりないかもしれないですが、トイレはつまることが一番ある水回りです。排水管破損や水漏れなどは排水管業者に頼まないと解決しませんが、つまりは、台所にしても洗面所にしてもトイレでも解決することがあります。

トラブル洗面所、台所では、排水管につまった汚れを落とす液体が売っていますので、それでつまりの解消になります。その代わり金属やそういったものは取り出さないと溶けないので要注意です。トイレのつまりは、ラバーカップなどで引き出すやり方が一番ポピュラーです。もちろん台所と同じように、金属やプラスチックなどのものは取り出さないといけないです。

どの水回りにしても、つまりの原因はいくつかあります。すべてのつまりが共通しているわけではありませんが、そのつまりから、排水管が破損したりすることもあるので、つまりには気をつけないといけません。トイレに関しては、すべてがつまりに関するトラブルです。

そういったつまりから発生するトラブルには、原因を見つけて対処する必要があります。キッチン、洗面所、お風呂、トイレ、それぞれの水トラブルのつまり原因を知っておくことでトラブル解消を自身でできること、また早めの対応ができるようになるでしょう。その一つ一つをあげていきます。