トイレの水トラブル

トイレ水回りのトラブルの代表として、一番つまりやすいのはトイレです。トイレは常に物を流しているので、どうしてもつまりやすいです。一番の原因はトイレットペーパー。トイレットペーパーは水に溶けやすいのですが、大量に流すと水に溶けにくくなり、つまります。そのため、あふれ出たりする原因になります。

とくに大の方になると、多くのトイレットペーパーが必要になり、一度にたくさん流してしまいます。そうすると、ラバーカップでないと、水のつまりは解消できません。またラバーカップでも解消できないほどのつまりに発展することもあるのです。

ティッシュペーパーは同じ紙ですが、水に溶けにくい紙です。水分を吸うとよけいに膨張するのでティッシュは流さないようにします。つまった場合は同じくラバーカップで取ることができます。他にはトイレ掃除類はすべて「水に流せる」と書いてあっても、大量に流さない、または流さないようにしましょう。掃除シート、トイレブラシ等、今は使い捨てのものが多いので、できれば流さずごみ箱行きがよいでしょう。

最後に、節水も水のつまりになります。水の量が減ると、その分異物が流れにくくなります。大をしたのに小でながす、タンクに節水用の重石を入れるなどすると、流れにくくなり少しの量でもつまります。こういったこともトイレトラブルのもとになるのです。このようにならないために、トイレつまりの予防方法について掲載しているサイトがあります。参考にして、できるだけつまらないような対策や知識をつけておきましょう。

Writen by admin